*当サイトはプロモーション広告を含んでいます

1ハウス 水星

水星が1ハウスにある人の特徴

こんにちは! MIYA(@miya_horoscope)です。

この記事では、水星が1ハウスにある人の特徴を纏めました。

▶︎ ホロスコープ(基礎)カテゴリー

【鑑定申し込み】星を知れば、自分がもっと好きになる

続きを見る

水星とは

ホロスコープでの水星は「知性」「知識」「言語能力」「情報のやり取り」などを表す天体です。

水星は太陽とは28度以上離れないことから、太陽のそばに寄り添うような、太陽の秘書的存在です。太陽が船長となって航海を進めていく中で、水星は知性面で太陽をバックアップし、太陽の動きや旅路を活性化していくイメージです。


水星は中立の立場であり、天体自身に吉凶はありませんが、アスペクト等、組み合わせ次第で影響を持つようになります。

知性やコミュニケーションに関することで何処か苦手意識を感じる、調子が悪いと感じる時は、水星の状態を確認してみましょう。

【水星×12ハウス】水星のあるハウスは、知性やコミュニケーション能力を発揮する場所

続きを見る

 

1ハウスは

1ハウスは「自我」「アイデンティティ」「個性」などを表します。

自分自身の性格や体質、行動のパターンといったものから、容姿や体型、雰囲気など外部に与える印象も表します。また、12個のハウスの一番最初の部屋ですので、物事の始まりや生命力、人生観なども表します。

1ハウスに天体が入っていると、その天体らしい印象を人に与えるかもしれません(火星=エネルギッシュな人、海王星=ふわっとした人...など)。

さらに、カスプ(アセンダント)のサインは誕生した瞬間に持って生まれた資質を表し、サインのルーラー(支配星)はチャートルーラーと呼ばれ、ホロスコープ全体を統治する大切な天体・主星となります。その主星のあるハウスや他の天体との関係性を読み解くことで、自分自身をより深く知ることができるでしょう。

1ハウスは「自分自身」「始まり」を表す大切な場所です。

【1ハウス×10天体】1ハウスに天体が入った時の特徴

続きを見る


1ハウスに水星がある人の特徴

頭の回転が速い

1ハウスに水星がある人は、頭の回転が速い傾向にあります。

自分でどんどん考え、オリジナルな発想を生み出すことに長けています。1ハウスは「始まり」を表すハウスなので、新しい事業や計画の立ち上げメンバーなどは適任でしょう。一方、「これはこうすべき」と抑え付けられたり、ルーティンのような決まりきった仕事ではその知性は生かしづらいかもしれません。

次々とアイデアを出すことを求められたり、風変わりなことでも「面白い」と受け取って貰えるような環境に身を置くと良いでしょう。

知的好奇心が旺盛

1ハウスに水星がある人は、知的好奇心が旺盛な傾向にあります。常に頭の中が情報や疑問で溢れていたり、あちこち動き回っていたりと忙しない印象を与えるかもしれません。

一方、情報処理能力にも長けているので、収集した情報を要領よく理解したり、纏めたり、発信することも得意な傾向があります。

情報に触れられなかったり、いつも同じメンバーで同じことしかしない...といった環境よりも、たくさんの情報が流れたり、多くの変化にさらされる場所にいる方が知性が活性化され、成長していくでしょう。

コミュニケーション能力に長ける

1ハウスに水星がある人は、優れたコミュニケーション能力の持ち主です。

人見知りせずに、色々な人と接しようとします。周囲からは「親しみやすい」「話していて楽しい」と思われる傾向にあります。

一方、蓄積した情報が多くなると、自分の話したいこと、興味のあることを一方的に捲し立ててしまうこともあるかもしれません。また、好奇心から成る質問が、相手によっては「問い詰められている」と勘違いされるかもしれません。

「情報のキャッチボール」を意識すると、持ち前の高い知性を通じて、相手との信頼関係を上手に育てていくことができるでしょう。

 

サインやアスペクトも見てみよう

1ハウスに水星がある人は「自分自身」「個性」に関することで、コミュニケーションや知性を発揮する傾向にあります。

どんな風に発揮していくのか?については、水星のサインや他の天体とのアスペクトを読み解いてみましょう。あなたなりの知性の生かしどころが見つかるはずです。

 

▶︎ 1ハウスの他の天体
▶︎ 水星 x 他のハウス

【鑑定申し込み】星を知れば、自分がもっと好きになる

続きを見る

-1ハウス, 水星