*当サイトはプロモーション広告を含んでいます

7ハウス

ホロスコープの7ハウスとは・7ハウスの意味【西洋占星術】

こんにちは! MIYA(@miya_horoscope)です。

この記事では、ホロスコープの7ハウスの意味と特徴を纏めました。

→ ホロスコープ(基礎)カテゴリー

【鑑定申し込み】星を知れば、自分がもっと好きになる

続きを見る

7ハウスの特徴

7ハウスは「パートナー」や「協力者」 「ライバル」「配偶者」、「協調性」「社交性」等の対人関係全般を表します。

1〜6ハウスで個人の資質を養った後、社会に出ていくにあたり7ハウスではまず対人関係を築きます。社会生活でどのように人間関係を作ってくのか、どんな相手と関わるのか、それによってどのような恩恵を受けるのかがわかるハウスです。

結婚運=7ハウスとの捉え方もありますが、実際の結婚生活は8ハウスの管轄であり、7ハウスで読み取れるのは「出会い運」に近いでしょう。出会うのは友達や恋人など、自分にとって心地良い存在だけに限らず、共同経営者やライバル、対立関係や裁判相手なども示します。11ハウスが遠くの不特定多数の存在との関わりを示すのに対し、7ハウスは目の前の1つ1つの存在に対峙する意味合いが強くなります。

これまでは自分を見つめながら「個」を作ってきましたが、7ハウスは他者と関わりながら自分を成長させていくハウスです。

【7ハウス×10天体】7ハウスに天体が入った時の特徴

続きを見る

7ハウスの読み方(参考)

私の7ハウスには木星が入っており、「対人関係」で豊かさを享受したり、発展の可能性があることを示しています。

サインは魚座なので、様々な年代や立場にある人、価値観を持った人との交流によって自分自身や人生全体が実り大きものとなることを示しています。

ノーアスペクトなので、楽観的だったり、人付き合いが多様でオープンになる可能性があります。

【ホロスコープ】天体がノーアスペクトの場合・特徴

続きを見る

ホロスコープの読み方(参考)

ホロスコープは基本的に「10天体」「12ハウス」「12サイン」「アスペクト」の情報を元に読み解きます。ハウスは「天体が活動する場所」を表し、天体がどのような特徴で活動するのかを表すのが「サイン」です。

例えば「牡羊座の太陽」が7ハウスに入っていれば、人生の目的が「対人関係」の部分で主に活動し、我先にと積極的に進んでいく傾向が読み取れます。

  • 天体=人格や人生を構成するものや作用
  • ハウス=天体が働く場所
  • サイン=天体の働き方・特徴
  • アスペクト=他の天体から受ける影響・相互作用

まとめ|ホロスコープの7ハウスは対人関係を表す

ホロスコープの7ハウスからは、どのような人と出会い、どんな人間関係を築いていくかなど、対人関係について読み解くことができます。

あなたの7ハウスにはどのような天体がありますか?その効果や影響を是非調べてみましょう٩( 'ω' )و

 

【鑑定申し込み】星を知れば、自分がもっと好きになる

続きを見る

-7ハウス