天体

【西洋占星術】ホロスコープで使う10天体の意味と特徴をわかりやすく説明します!

6月 21, 2022

こんにちは! MIYA(@miya_horoscope)です。

この記事では、ホロスコープで主に使う10天体をわかりやすく説明します٩( 'ω' )و

↓ 可愛いイラスト&漫画でスルスルと入ってくる!初学者向けの本です

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新版 しあわせ占星術 自分でホロスコープが読める本 [ まつい なつき ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/6/21時点)

楽天で購入

 

ホロスコープで使う個人天体

ホロスコープで使用するのは主に10天体ですが、その中で個人天体と呼ばれるものは太陽・月・水星・金星・火星の5つです。

呼び名の通り、この5天体が主にの人個人の特徴や傾向を表すものとなり、基本的に以下のような読み取り方をします。

  • ハウス=その天体が働く場所
  • サイン=その天体の働き方・特徴
  • アスペクト=他の天体から受ける影響・相互作用

ホロスコープ・西洋占星術の「太陽」の特徴

ホロスコープでの太陽は「自分自身」「人生の目的」を表す天体です。

アセンダントがその人自身の「車体」や「船体」を表すとしたら、太陽は「ドライバー」「船長」のイメージです。その車や船の方向性を示したり、どこに向かっていくのかを示す役割があります。

その具体的な方向性や目的は、太陽が入っているハウスで読み取ることができます。

こちらもCHECK

【太陽×12ハウス】太陽のあるハウスで人生の方向性を見てみよう!

続きを見る

操縦するにあたってはサイン(星座)の特徴が現れます。双子座であれば様々な情報にアンテナを張ったり、色々な人と交流しながら好奇心のまま船を進めていくかもしれませんし、蠍座であれば物事や人間の本質を捉え、自分のものとするまで深く追求し共有していこうとするでしょう。

また、他の天体と角度(アスペクト)を取ることによって、例えば慎重でありながらも方向性をどんどん変えていく人生を送ったり、のんびり大らかな運転になったり、パワフルでアクセルをガンガン効かすドライバーになったりといった特徴がプラスされるでしょう。

ホロスコープ・西洋占星術の「月」の特徴

ホロスコープでの月は「プライベート」「内面」「感情」を表す天体です。

月が入っているハウスに関連する内容でその人の内面が満たされたり、また、同時に揺れやすい部分ともなるでしょう。

太陽と月があるハウスやサイン、アスペクトの状態によっては、表に見せる顔・動き(太陽)とプライベートで見せる顔(月)が違うように感じるかもしれません。例えば太陽は牡羊座で、積極性があって勢いがある人のように感じても、月が乙女座であれば慎重で控えめな印象をも与えるかもしれません。

こちらもCHECK

【月×12ハウス】月のあるハウスで感情やプライベートの状態を見てみよう

続きを見る

普段、社会生活を送るにあたっては太陽の働きがメインとなり、月を疎かにしがちです。例えば体面を気にするあまり、気持ちが乗らないのに無理に社交的に振る舞ったり、働き過ぎることもあるかもしれません。が、人生という船を安定的に操縦するためには、船舶の内部、すなわち月を安定させることが大切です。

内面の疲れを感じたら月の状態を見て、満たしてあげると良いでしょう。

こちらもCHECK

【ホロスコープ】月は「揺れやすい部分」・「月を満たす」には?

続きを見る

ホロスコープ・西洋占星術の「水星」の特徴

ホロスコープでの水星は「知性」「知識」「コミュニケーション」などを表す天体です。

水星は太陽とは28度以上離れないことから、太陽のそばに寄り添うような、太陽の秘書的存在です。太陽が船長となって航海を進めていく中で、水星は知性面で太陽をバックアップし、太陽の動きや旅路を活性化していくイメージです。

水星は太陽と同じか隣のハウスに在室するか、手前・或いは次のサインになります。太陽と同じハウス・サインの場合はその特徴を後押ししますし、隣のハウス・サインの場合は太陽とは違った方向性・動き方をしながらも太陽をサポートするでしょう。

水星は中立の立場であり、天体自身に吉凶はありませんが、アスペクト等、組み合わせ次第で影響を持つようになります。知性やコミュニケーションに関することで何処か苦手意識を感じる、調子が悪いと感じる時は、水星の状態を確認してみましょう。

こちらもCHECK

【水星×12ハウス】水星のあるハウスで、知性やコミュニケーション能力を発揮する場所を見てみよう

続きを見る

ホロスコープ・西洋占星術の「金星」の特徴

ホロスコープでの金星は「好きなもの」「愛情」「好奇心」「趣味」「金運」などを表す天体です。

航海を進めていくにあたって、「あれはどう?」「こんなこともやってみたい・見てみたい」と旅路に彩りを与える存在です。金星が入っているハウスを見ることで、その人の興味や愛情の傾向、お金の使い方などを読み取ることができます。

金星は受け身の天体なので、単体で強い威力を発揮することはありませんが、水星と同様に他の天体の影響によっては好きなことをすぐに行動に移したり、徹底的に取り組んだり、コロコロ変化したり、好奇心が抑え気味になったりするでしょう。

金星の働きによって、それぞれの船・旅路に華が加わっていくでしょう。

こちらもCHECK

【金星×12ハウス】金星のあるハウスで愛情・金運・好きなことの傾向を見てみよう!

続きを見る

ホロスコープ・西洋占星術の「火星」の特徴

ホロスコープでの火星は、「エネルギー」「行動力」「衝動」「闘争心」「怒り」などを表す天体です。

火星は船体にパワーを与え、航海を力強く進めていく推進力となります。火星が入っているハウスを見ることで、どのような部分でエネルギーが発揮されるかを読み取ることができます。他の天体で感じたこと、例えば金星で「欲しい」と思ったものを実際に行動に移すのは火星の力であり、また、火星ではその人がどこに怒りを感じるか(地雷ポイント)なども読み取ることができます。

火星は良くも悪くも大きな力を持っており、他の天体との影響によっては、船体を激しく揺らしたり、危険と思われる場面に遭遇することもあるでしょう。それに打ち勝つ力を発揮するのも火星であり、船長や船体が持っている力を底上げする効力をも持っています。

火星が持つエネルギーの使い道、向け先を意識することで、旅路の強力な味方になってくれるでしょう。

こちらもCHECK

【火星×12ハウス】火星のあるハウスでエネルギーや行動力の傾向を見てみよう!

続きを見る

 

ホロスコープで使う社会天体

10天体中、社会天体と呼ばれるものは木星土星の2天体です。

同時期に生まれた人は同じサインになるので、この2天体に関してホロスコープ上での位置や他の天体とのアスペクトなどに注視します。

ホロスコープ・西洋占星術の「木星」の特徴

ホロスコープでの木星は「発展」「豊かさ」「拡大」「幸運」「寛容」などを表す天体です。

入っているハウスを見ることで、その人が豊かさを享受する傾向にあるもの、発展の可能性があるものを読み取ることができます。しかしながら、木星は「存在するもの」を拡大させる天体なので、ゼロであれば効果はありません。また、良い・悪いを判断する力もないの、マイナス部分でもお構いなしに広げていきます。

よって、旅路の始めから木星自身の力を頼みにするのではなく、木星がネイタルやトランジットで与える影響を読み取り、どの部分に発展・豊かさの可能性があるのかを意識しながら進めていくのがいいでしょう。

そうして旅路を進めることで、45歳〜55歳頃の「木星期」になってようやく、航海の実り・ご褒美として木星の力を感じることができるでしょう。

こちらもCHECK

【木星×12ハウス】木星のあるハウスで豊かさや発展、拡大の可能性を見てみよう!

続きを見る

ホロスコープ・西洋占星術の「土星」の特徴

ホロスコープでの土星は「制限」「課題」「責任」「忍耐」「老成」などを表す天体です。

航海を進める中で、土星は重荷に感じる存在かもしれません。この部分にじっくり取り組みなさい、我慢しなさい、責任を持ちなさい、と要求してくるので、これがなければもっと楽に進んでいけるのに、と思うこともあるでしょう。

が、土星が与える試練・課題は、きちんと向き合うことで後々大きく花開く可能性があるものでもあります。木星が「いいよいいよ」と寛容的で、マイナス方向にまで広げてるのに比べ、土星は脇目を振らせずに課題に向き合うよう制限をかけてくるので、結果的にその力が熟成され、船体の重石ではなく航海を進めるにあたっての自信や安定感に繋がっていくのです。

土星は「削ぎ落とし」の意味も持っており、トランジット・プログレスの状態によっては、航海の方向性や積荷の見直しのタイミングを与えるでしょう。

こちらもCHECK

【土星×12ハウス】土星のあるハウスで課題や制限を感じる部分を見てみよう

続きを見る

体系的に学ぶにはこの本もお薦めです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鏡リュウジの占星術の教科書 1 自分を知る編 [ 鏡リュウジ ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2022/6/21時点)

楽天で購入

 

 

ホロスコープで使うトランスサタニアン

10天体中、トランスサタニアンと呼ばれるものは天王星と海王星、冥王星の3天体です。

社会天体と同様、同時期に生まれた人は同じサインになります。またこの3天体は潜在意識・無意識の領域で働くとされており、意識的にこの天体の力を使う、といったことは難しくなります。

が、持っている力自体は大きいので、この3天体がネイタルに与える影響、そしてトランジットやプログレスでの配置を見ることで航海に与える影響を読み取ることができます。

ホロスコープ・西洋占星術の「天王星」の特徴

ホロスコープでの天王星は「変化」「改革」「引き剥がし」「独立」「自由」などを表す天体です。入っているハウスやアスペクトを取っている天体を見ることで、その人のどの部分に変容の可能性があるかを読み取るとことができます。

例えば、仕事に関するハウスに天王星が入っていれば転職が多くなる傾向にありますし、太陽とアスペクトを取っていれば個性的だったり、バラエティに富んだ人生を歩むかもしれません。また、トランジットやプログレスでの天王星の動きを見ることで、人生の転機や変化のタイミングを読み取ることができます。

順調な航海を続けていても、天王星の影響によって突然の迂回を余儀なくされるかもしれませんが、それにより新しい島を発見したり、意外な自分の強みや好みを見出すことにも繋がります。変化は怖い部分もありますが、これまでの殻や枠組みを打ち破るチャンスでもあります。

こちらもCHECK

【天王星×12ハウス】天王星のあるハウスで独創性のありかを探してみよう

続きを見る

ホロスコープ・西洋占星術の「海王星」の特徴

ホロスコープでの海王星は「理想」や「ビジョン」、「幻想」「曖昧さ」「潜在意識」「直感」「ドラッグ・アルコール」などを表す天体です。あるものをないものとしたり、ないものをあるものとする、ぼやかすような影響を持つ天体です。

また、海王星も木星と同様に「拡げる」効果を持っていますが、木星は社会的枠組みの中での拡大に対し、海王星は際限なくどこまでも広げていきます。「夢」を見させておきながら、急に現実を見せる天体でもあります。

このように書くと怖いイメージを持つかもしれませんが、海王星の夢を見させる力があってこそ、固定観念を打ち破るような高い理想を描いたり、誰もが想像もしないような発明、作品の制作などに繋がります。また、ストレス解消にあたっては、海王星が入っているハウスを見ることで、癒し方のヒントを得ることもできます。

ネイタルやトランジット、プログレスでの海王星の影響を見ながら、どんな部分で夢や理想を描けるのか、または危うさを持っているのかを読み取り、海王星の力をうまく生かしましょう

こちらもCHECK

【海王星×12ハウス】海王星のあるハウスで理想や曖昧さのありかを見てみよう

続きを見る

ホロスコープ・西洋占星術の「冥王星」の特徴

ホロスコープでの冥王星は「究極性」や「徹底性」「破壊と再生」「生と死」「始まりと終わり」などを表す天体です。

天王星も冥王星も、「変化」を及ぼす天体ではありますが、天王星は「今あるもの」を保ちながらの方向転換であったり、余計なものを引き剥がす効力があるのに比べ、冥王星は土台そのものを全て崩し、グラウンドゼロにしてから再生を促します。

その破壊や終わりは「強制的」であるので、怖いイメージを持つかもしれません。しかしながら、場合によっては少し残った状態よりも、一掃することで全く新しいものが生み出される可能性を秘めています。

また、1つの物事に徹底的に取り組んだり、難局を乗り越える際の大きな底力にもなります。ネイタルやトランジット、プログレスの冥王星の影響を見て、どの部分に変容や徹底性が働く可能性があるのかを読み取ってみましょう。

こちらもCHECK

【冥王星×12ハウス】冥王星のあるハウスで徹底性の働く場所や変容の可能性を見てみよう

続きを見る

 

あなたの星を鑑定します!

ホロスコープ鑑定・モニター募集

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

MIYA@美人になりたい星読み

元海外駐在員、現在はブログ運営とホロスコープ鑑定を主体に、リラクゼーション・海外&英語の事業展開を目指しています。2021年秋に再婚、夢は夫と「トランク1つだけを持って世界じゅうを巡ること」です。 プロフィール詳細

-天体

© 2022 美人になりたい星読みのブログ Powered by AFFINGER5