年齢域・時代

【ホロスコープ・年齢域】太陽期(25〜35歳)は「人生の拠り所」を築く時期

6月 11, 2022

こんにちは! MIYA(@miya_horoscope)です。

以前、ホロスコープの「金星期」について取り上げましたが、今回はその次に訪れる「太陽期」(約25歳〜35歳頃)について記事に纏めました。私にとって「太陽期」は「人生の拠り所」となる場所を築く時期だったように感じています。

皆さんはどんな太陽期を過ごしましたか?或いは今、過ごしていらっしゃいますか?

こちらもCHECK

【ホロスコープ・年齢域】金星期(16〜25歳)は「好き」を思いっきりやっておこう!

続きを見る

真面目に働き始めた「太陽期」

夢から覚め、気がつけば最悪な「肩書き」

私は高校卒業後、大学を半年で中退し、歌だの芝居だの好きなことに熱中していました。が、「これじゃ食べていけない」ことにようやく気が付き、真面目に働くことにしたのでした。

その時点で25歳、「氷河期世代の高卒・フリーター」という絶望的な肩書きでした。

正社員は無理としても、「これからの時代はパソコンができないとだめだ」と考え、飲食や劇場のもぎりからソフトウェア開発の会社にバイトを変え、パソコンスクールにも通い始めました。

そこで身に付けたWebサイト作成の知識が生き、小さな会社ではありましたが正社員で採用され、その後に続いたのでした。

最初の結婚と離婚をしたのも太陽期

最初の結婚と離婚をしたのも太陽期でした。

自分に自信がないまま結婚してしまい、相手の顔色を伺ったり気を遣いまくる生活なんて破綻するに決まっていますよね。「『自分の芯』を築くこと」「自分の人生に覚悟を決めること」、すなわち「自立すること」を教えてもらった気がします。

こちらもCHECK

【木星期の再婚①】初婚のイメージに捉われていた自分に気が付く

続きを見る

 

私のホロスコープで見る太陽の状態

「社会ときちんと対峙すること」を求められる

私の太陽は10ハウスにあります。社会の中で地位や立場を築くことが「人生の目的」となり、社会的な評価を受けたり社会との繋がりに喜びを感じる傾向にあります。

10ハウスには水星土星もあり、土星は太陽・水星とコンジャンクションしています。「知性やコミュニケーション能力を生かしながら、社会の中でしっかりと役割を果たすこと」を要求される星の配置です。

様々な「肩書き」を作っていく

その太陽には、1ハウスの冥王星がタイトにスクエアしているので、肩書きをコツコツ築いている最中に突然吹っ飛ばされてゼロに戻され、また新しい肩書きをコツコツ築く...ということを繰り返しているような人生です。

そのお陰で環境はコロコロ変わっていますが、色々な経験と肩書きを積み上げることができ、面白い人生だなと感じています。

こちらもCHECK

【太陽×12ハウス】太陽のあるハウスで人生の方向性を見てみよう!

続きを見る

 

太陽期に「人生の拠り所」を築く

太陽期の前にも「太陽」を生きてはいるものの...

ホロスコープでの「太陽」は、「自分自身」「人生の目的」を表すと言われています。

もちろん「自分自身」を表す天体なので、太陽期の前(月や水星、金星)の時期にも「太陽」はしっかりと自分の根本としてあり、太陽が示す方向を生きてはいます。

が、幼い頃は親の影響、その後は義務教育等での「集団意識」での生活が中心となるので、一部の人を除いてはなかなか「自分の人生はこれだ!」というものを実感しづらいでしょう。

太陽期の始まりとなる25歳といえば、一般的には大学を出て社会人を数年経験している頃。上司・後輩など色々な世代と交流をしたり、同世代でも結婚や転職、昇進など様々な変化が出てくる中で、改めて「自分の人生の方向性」「自分の適性」などが実感できるようになるのではないでしょうか。

「社会で働くことのできる自分」を築き、自信がついた

私にとっての太陽期は、「人生の拠り所」を築く時期だったように思います。

10ハウスにある太陽らしく、社会で生きていくのに必要な素養が培われた時期でした。「どんなことがあっても私はやっていける、仕事を続けられる」という自信が付いたように思います。

「金星」を成長させた時期でもあった

それでは、その前の「金星期」が無駄になったのか?というとそうではなく、結果的に金星期にやってきた歌だの芝居だのが、その後の人生や仕事に大いに役立ちました。

「好き」を押し付けるのではなく、社会や企業での生かし方を考えられるようになった、金星を成長させることができた時期のようにも思います。

 

まとめ|太陽期(25〜35歳)は「人生の拠り所」を築くタイミング

太陽期に社会性を鍛えたお陰で、「いつでも社会に出ることができる」という自信を築くことができました。

人によって「太陽期」の解釈や感じ方は違ってくるかと思いますので、これはあくまでも私の経験と体感したことを記事でお伝えしました。

皆さんの太陽期はいかがでしたか?
或いは今、どのような太陽期を過ごしていらっしゃいますか?

火星期はさらに、太陽期の道がぶっとくなるような、まさにエネルギーをガンガンと燃やした時期になります。また改めて記事にしたいと思います ^^

 

あなたの星を鑑定します!

ホロスコープ鑑定・モニター募集

続きを見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

未来予測占星学入門~幸せに生きるための予測技術~ [ 辻 一花 ]
価格:4950円(税込、送料無料) (2022/6/11時点)

楽天で購入

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

MIYA@美人になりたい星読み

元海外駐在員、現在はブログ運営とホロスコープ鑑定を主体に、リラクゼーション・海外&英語の事業展開を目指しています。2021年秋に再婚、夢は夫と「トランク1つだけを持って世界じゅうを巡ること」です。 プロフィール詳細

-年齢域・時代

© 2022 美人になりたい星読みのブログ Powered by AFFINGER5