お勧めの講座・本

【占いの本】西洋・東洋占術が全て学べる!?「占いの世界」の創刊号(¥190)のレビュー

こんにちは! MIYA(@miya_horoscope)です。

「ディアゴスティーニ」のような物や知識をコレクションしていくタイプの本に、「占い」をテーマにしたものが発売されました。

タイトルは「占いの世界」で創刊号は190円。一体どんな内容なのか、感想を記事にします。

発売元は「アシェット・コレクションズ・ジャパン」

「占いの世界」の発売元は、アシェット・コレクションズ・ジャパン(hachette collections Japan)です。見ると占い以外でも、車や洋裁、ロボット、お金(?)などたくさんのシリーズを出しています。

「占いの世界」は2022年1月5日創刊ですが、よくよく調べると初版は2012年だったようですね。今回はその改訂版の発売のようです。

 

「占いの世界」の気になる中身

「占いの世界」創刊号のパッケージ

優しいピンクの表紙が目印。箱型になっています。

前半が冊子、後半が付録です。

創刊号には5種類の占いが掲載!

創刊号に掲載されているのは、タロット・手相・西洋占星術・風水・東洋占術(九星気学)の5種類。創刊号なので、それぞれの占いの基本知識が書いてあり、その後には、実際の占いかたや結果の記載があります。

手相:基本的な線・手の型での性格診断の仕方
西洋占星術:12星座・10天体・太陽星座について
タロット:大アルカナの「愚者」と「魔術師」、小アルカナのエース4枚について
風水:風水の世界観、家相、地形、四神について
九星気学:本命星と月命星の出し方、一白水星について

3種類の付録付き

ホロスコープボードと10天体のシールセット、タロットカード6枚の3種の付録が付いていました。

ボード表面とシール

ボード(裏面)とタロット6枚

 

「占いの世界」はこんな人にお勧め!

「占いの世界」をお勧めしたいのは、こんな人です。

・世の中にはどんな占いがあるのかを知りたい人
・占いを勉強したいけれど、どれが自分に合うかわからない人
・占い全般を大まかに知りたい人

 

「占いの世界」に不向きなのはこんな人

逆に、「占いの世界」を読むにはちょっと不向きかなと思うのはこんな人です。

・既に占いの知識を持っている
・特定の占術を深く学びたい人
・短期間で知識を習得したい人

 

「占いの世界」のメリット・デメリット

「占いの世界」のメリットは、占い全般について知ることができる上、占いに関する付録や特典などが付いていること。一方、デメリットとしては以下の点が挙げられます。

・全部で30号あり、全て揃えるには時間が必要。
・タロットカードは各号数枚ずつの付録なので、揃えるのに時間もお金もかかる。
・創刊号以降は通常価格799円


全号揃えると23,361円。全く占いを知らない人が、広く浅く一通り知ることができ、また、占術ごとに本や小物(タロットカードなど)を買い揃えるよりは安いでしょうか。

ただ、この本だけでは知識の習得は難しいので、興味のある占術が見つかったら専門書を買ったり、講座を受講することをお勧めします。

 

「占いの世界」のがっかりポイント

ついでにもう1つデメリットを挙げてしまうと、今回の付録部分はえらい上げ底でした。今回の付録がたまたま薄かっただけかもしれませんが、これと同じ厚みが30冊来るとなると保管場所も大変ですよね。

付録が少ない時は、全体的に薄くして欲しいですね。

ダンボール3枚も要らん...

 

まとめ|「占いの世界」は、占いを全く知らない人にはお勧めの本

私自身、他の占術にも興味があったので購入しましたが、この本は占い自体まだよくわからなくて、ぼんやりと興味を持っている人向けかなと思いました。(ある程度知っている人だと、少し物足りないかも...)

とはいえ、創刊号は破格なので興味のある方は手に取って、どんな感じなのかを確認するのも良いかもしれませんね ^^

 

あなたの星を鑑定します!

ホロスコープ鑑定

続きを見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊 占いの世界 改訂版 2022年 1/19号 [雑誌]
価格:190円(税込、送料無料) (2022/1/5時点)

楽天で購入

 

-お勧めの講座・本