*当サイトはプロモーション広告を含んでいます

タロットの解説 ワンド

【タロット】ワンド4の正位置・逆位置の意味

9月 27, 2022

こんにちは! MIYA(@miya_horoscope)です。

何気なく引いたカードが、自分でも気が付かなかった意識に目を向けさせたり、今本当にやるべきことや別の方向性などを表すことがあります。この記事ではワンドの4についてメッセージをお伝えします。

タロットカードワンド4の意味

タロットカードのワンド4を見ると、果実が豊潤に実った、門を思わせるように立っている4本の棒(ワンド)と、その先には花束を掲げた2人の姿があります。

4本のワンドに支えられた門(入り口)は安定して立っており、また、出迎える2人が「歓迎」のムードであること、白の前で寛ぐ人々がいること、そして背景の黄色が「祝福」「豊かさ」「希望」を表すことから、ここが安心できる場所であること、一休みできる場であることを表しています。

しかしながら、城に辿り着くにはもうひと頑張り必要なようです。右手には白い橋がかかっており、ここから更に前に進むことになります。よってこのカードでは、

・ひとまずのゴール、安定の場に辿り着いたこと
・安心できる場で体制の立て直し、一休み
・出本当のゴールはここではない、まだ先にある

などが示されています。

 

ワンド4の正位置の意味

ワンド4の正位置を一言で言うならば、「ゴールはまだ先」ということ。

確かに人は歓迎してくれているし、のんびりできる安心の場だけど、ここで満足してはいけない。本当のゴールや目的をきちんと思い出して、そこに辿り着くための体制を整えよう!

 

ワンド4の逆位置の意味

逆位置は、正位置の内容が逆に出るか過剰に出るかを表しています。

本来のゴールを見失わないように!
居心地の良い場所に安住し過ぎないように!
きちんと体制は整っているかを再度確認しよう!

 

まとめ|ワンド4が出たら、「本来の目的」に注視しよう

ワンド4を引いたら、「本来の目的」に注視しよう

「目的」に対し、休息もなしに、また一直線辿り着くのは難しいこと。途中途中でマイルストーンを打ち立て、進捗状況や本来の目的との差異はないかを確認する作業は必要。このカードが出たら一息ついて、心身共にリラックスした状態でこれまでを振り返り、目標までの道筋を再度確認してみましょう ^^

 

あなたの人生の目的を鑑定しませんか?

ホロスコープ鑑定(未来予測付き)

続きを見る

-タロットの解説, ワンド