仕事・金運

【起業とホロスコープ】開業日のチャートから、会社の「太陽(事業)」を読んでみよう!

6月 14, 2021

こんにちは、爽(ソウ)です!

勤務先や投資先、自分の会社のホロスコープを見る事で、どのような事業展開になるか、顧客はどのような人かなどを読むことができます!この記事では「事業本体」を表す「太陽」を取り上げます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

ホロスコープで見る日付はどれ?

一般企業:創業日や上場日

以前、転職先をホロスコープで占いました。その会社は非上場企業だったので、創業日と会社の始業時間を元にホロスコープチャートを出しました。上場企業の場合は、創業日のみならず上場日も占うにあたって大切な指針となります。

こちらもCHECK

【ホロスコープ】転職先との相性を占ったら結構ハードだった件

続きを見る

自分の事業:開業届を出した日時

私は今春、開業をしました。

「開業届に記載した『開業日』」は4月1日なのですが、「実際に開業届を提出した日」は5月下旬でした。この場合、どちらの日付のチャートを読むのだろう?と悩みますよね。

私の場合、「開業日」は書類上の調整の日付であって、「起業しよう!」という気持ちが働いたのは提出日の方でした。私が師と仰ぐ方からも「提出日時のチャートを見る」とのお話を伺いましたので、この記事では「開業届の提出日時」を「開業日」としてチャートを取り上げます。

 

開業日の「太陽」と「月」を見てみよう!

「事業」は太陽、「お客様」は月

個人のチャートでは、太陽は「自分自身」で「社会的に向ける顔」であり、月は「自分の内面・感情・プライベート」を表します。それが企業のチャートの場合は「太陽=事業」「月=お客様」を表します。

太陽と月のアスペクトを確認しよう

太陽(事業)と月(お客様)のバランスが悪いと会社の経営状況にも影響が出てきます。例えば太陽と月がトラインであれば、その会社の事業がお客様の要望に沿っているような印象を受けますが、これがスクエアの場合はどこかスムーズに進まなかったり、ちぐはぐになっている可能性が伺えます。

但し、「トラインが良い」「スクエアが悪い」とは一概には言えず、個人のチャートを見る時と同じく、スムーズに行きすぎるトラインも時と場合によっては仇になる場合もありますし、スクエアは新しい局面や可能性を見せてくれる場合もあります。

「穏やかな安定企業」だったり「いつも世間をざわつかせる会社」等々、太陽と月の状態がその企業の顔になったり、特色として現れたりします。

太陽と月の区分も確認しよう

太陽と月のボラリティ(男性宮・女性宮)、クオリティ(活動宮・固定宮・柔軟宮)、エレメント(火・土・風・水)のいずれかが揃っていると良いとされます。確かに、事業が活動宮でガンガン動くのに、お客様がじっくりと動きたい固定宮だと少しテンポが合わないような印象を受けます。但し、その違いもまた事業や企業のエッセンスになるので、「合わないから悪い」とは一概に言えません。

私が立ち上げた事業は、太陽が双子座、月が乙女座で共に「柔軟宮」です。事業はその時の状況によって変わっていく可能性があり、お客様も変化に対して柔軟な人達と読めます。

 

太陽のアスペクトを見てみよう

月以外の天体との関係性を見てみましょう。例えば太陽と火星がアスペクトを取っていれば事業本体にエネルギーや積極性、勢いが関わってきますし、天王星であれば変化や個性、土星であれば堅実さや抑制などの力が働くと考えられます。

太陽と木星のスクエア

私の事業は、まず太陽に対して木星がタイトなスクエアです。これは、事業が本来の目的とは違った方向に広がっていく可能性を示しています。実際、私は「文筆業」(ブログ運営)をメインとして起業したのですが、セラピスト業や占いの方面にも進んでいます。突飛な発想をしたり、色々なことをやりたがる私自身を表しているなと感じています。

木星は8ハウスにあるので、「継承」や「深い関係性」「徹底性」と関連があると読めます。「私の事業を代わりにやってみない?」なんて話があったり、ホロスコープのとある一部分を深く掘り下げたり...なんて事が考えられますね。

太陽と冥王星のトライン

また、冥王星に対してトラインです。ここぞという時に大きな力が働きやすい配置です。ただ、冥王星はゼロ100の究極の力を持っており、それがトラインっぽく(スムーズ)に働くことで、事業が自分の手に負えないくらいの規模になったり、一気にガラガラと崩れ去る...という危険性も秘めています。

冥王星は6ハウスにあるので、「奉仕」や「健康」「従属」と関連がある事でその力が働くのではないか...と読めます。

 

太陽のサイン・ハウス・サビアンシンボルを読んでみよう

太陽が入っているハウスやサイン、サビアンシンボルも読んで見ましょう。

私の太陽(事業)は双子座で11ハウスに入っており、ブログ運営(ネットワーク、情報発信)に合っています。また、11ハウスは同じ志を持った人との活動も示すので、今後セラピスト業や占いでも仲間との活動や、国や年齢を超えた展開も考えられます。

サビアンシンボルは双子座の1度「静かな水に浮くガラス底ボート」。「新しい情報にどんどん触れること」「知的好奇心を働かせ幅広い世界を知ること」「積極的に行動すること」がキーワードとして上がります。

まとめ|開業日のチャートの「太陽」で、その会社の「事業」が読める

いかがでしたか?

改めて開業日のチャートを読む事で、自分が立ち上げた事業が今後どのようになっていくのかが楽しみになってきました。皆さんも勤務先や気になる会社、事業があれば開業日のチャートを読むことをお勧めします ^^

こちらもCHECK

【起業とホロスコープ】開業日のチャートから、「月(顧客)」を読んでみよう!

続きを見る

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自宅でオンライン起業はじめました [ 秋田 稲美 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/7/15時点)

楽天で購入

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

爽(ソウ)

見た目だけなく、人生においての「美人」「美人な生き方」を目指す西洋占星術師。元海外営業・駐在員。いつかトランク1つだけを持って世界じゅうを巡りながら星を読み、その土地土地の人に貢献するのが夢です。 プロフィール詳細

-仕事・金運

© 2021 美人になりたい星読みのブログ Powered by AFFINGER5