アスペクト

【ホロスコープ】太陽と月のアスペクト

2月 24, 2021

こんにちは! 爽香(ソウカ)(@souka141064)です。

この記事では、太陽と月のアスペクトについてお伝えします。

*注意*
ホロスコープは全体を見て鑑定するものであり、記事にあるキーワードだけを拾って判断することはお勧めしません(他の天体の配置やハウス、アスペクト、サイン等の影響を受けます)。イメージを掴むための参考としてお使いください。

太陽と月の特徴

太陽も月も個人天体ですが、太陽は人生の目的や社会的な顔、表向きの人格・性格、父親の影響等を示します。

一方、月はプライベートや内面、感情、母親の影響等、自身の中で一番柔らかい部分、守ったり満たす必要がある場所を表します。

太陽と月がコンジャンクション(0度、合)

太陽と月がコンジャンクションの場合は、人生の目的と内面が同じ方向を向いている状況です。やりたいことに感情が素直についていくので、自己矛盾が少なく、表裏のない性格でもあります。

葛藤したり、脇道に逸れることがない分、行動範囲や視野が狭くなる可能性もあります。が、目標に向かって意思決定が早く、明確に行動できるので、若くして成功する人もいるでしょう。

これだと思う道を邁進することで、人生を輝かせながらも、プライベートを満たしていけるでしょう。

太陽と月がトライン(120度)

太陽と月がトラインの場合は、社会的な活動と、自分の感情や内面の調和が取れている状況にあります。

やりたいことに対し感情が後押ししするので、自己矛盾や葛藤を感じることが少ない傾向にあります。両親と仲の良い環境で育ったり、明るく楽天的な性格で人気者になる人もいるでしょう。

太陽と月がそれぞれ入っているハウスやサインを意識して努力することで、人生的な視野や価値観を広げたり、内面の大きな成長が見込める配置です。

太陽と月がスクエア(90度)

太陽と月がスクエアの場合は、自分のやりたいことと、感情が反発し合う配置です。やり甲斐のある仕事に就いたのに多忙で落ち着かない、社会的に見せる顔と内面のギャップがある、などの葛藤を感じやすくなります。

反面、仕事ではテキパキしながらも、プライベートでは優柔不断でほんわかしていたり、堅実そうで実はおっちょこちょい、などのギャップを持った魅力的な人になり得る配置です。

意志と感情の葛藤や二面性も自分の特徴であることを受け入れ、自分なりの着地点を見つけると良いでしょう。

太陽と月がオポジション(180度)

太陽と月がオポジションの場合は、人生の目的と感情が監視し合っている状況なので、自分自身を客観視できる傾向にあります。

オポジションは外に向かう力が働くアスペクトであると同時に、お互いに見張っている状態でもあります。太陽と月の場合は、自分のやりたいことに突き進もうとすると、感情が「それでいいのか」と問いかけたり、感情の赴くまま走りそうになる時は、「人生の目的から外れないか」を問われるので、大きな力は働くものの自分を制することのできる配置でもあります。

正反対の配置にあるので、お互い理解できないものの惹かれ合う存在です。それぞれの天体の入るハウス・サインを意識することで、人生や内面の成長を促すことができるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アスペクト解釈大事典 [ 松村 潔 ]
価格:11000円(税込、送料無料) (2021/2/24時点)

楽天で購入

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

爽(ソウ)

見た目だけなく、人生においての「美人」「美人な生き方」を目指す西洋占星術師。元海外営業・駐在員。いつかトランク1つだけを持って世界じゅうを巡りながら星を読み、その土地土地の人に貢献するのが夢です。 プロフィール詳細

-アスペクト

© 2021 美人になりたい星読みのブログ Powered by AFFINGER5