ホロスコープについて

【金星双子座と冥王星のトライン】色々な「好き」に、徹底的に特攻する

こんにちは! 爽香(ソウカ)(@souka141064)です。

私は金星(双子座・9ハウス)に、冥王星がトラインです。この配置があるとどんなことが起こるかを記事にしました。

金星双子座・9ハウスは「未知」に対する好奇心の塊

金星のサインが双子座の場合、「好奇心の塊」になります。

私の場合9ハウスにあるので、見たこともない、触れたこともない、やったこともない、行ったこともない...未知のものに対する好奇心が旺盛です。新しい情報や知識、能力を身に付けていくのが堪らなく好きです。

そして双子座なので、「広く浅く」が特徴です。

"As much as possible"、人生でできる限りのことを経験したい、そんな気持ちでいっぱいです。

冥王星・1ハウスは「己に徹底性」を求める

冥王星が1ハウスにある私の場合、「自分自身に徹底性を求めてしまう」傾向にあるように感じます。「人に対する勝ち負け」よりも「自分に負けたくない」気持ちがあります。

側から見て「そこまでやらなくても...」というレベルまでやることがある反面、「自分が満足できるレベルまででいい」ともなります。(「えっ、そこで止めちゃうの?」と思うような程度でも、自分が「やりきった!」と思えればいい)

そのあたりが極端なような気がします。

その冥王星が金星とトラインになると...

どんどんやれ!

その金星に冥王星がトラインとなるとまず、「好きなことをどんどんやれ!」となります。興味を持ったことはどんどん始めてしまいます。

例えばこの他にもブログを運営していますし、動画のチャンネルもいくつかあります。ホロスコープに関する考察を進めつつも、転職活動や投資をやりながらも、次に何をするかをいつも考えています(やり過ぎ!)

曲芸師じゃありませんが、いくつかの物事を同時に扱っている状態が逆に安定に繋がります。

徹底的にやれ!

そして冥王星となれば、「徹底的にやれ!」。それも、「自分自身が納得するまで!」と。

色々なことをやっては止めるので、「熱しやすく冷めやすい」と言われます。確かにそうなのですが、ただ、「自分が納得するまで」は一応やっているんです。ものによってその深さや期間が変わってきます。

まとめ|色々なことを徹底的にやりつつ、グレードアップ

色々やり過ぎて、いつもパンクしているような感じです。でも、そのごちゃごちゃ感が逆に安心というか、そうじゃないと何だか落ち着きません。

「好奇心旺盛」にちょっとおかしな傾向のある人がいたら、このアスペクトを持っているかもしれません。(*皆が皆、同じ方向に出るとは限らないので、ご安心(?)ください)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ムーンチャイルド占星術【電子書籍】[ まつい なつき ]
価格:880円 (2021/2/9時点)

楽天で購入

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

爽(ソウ)

見た目だけなく、人生においての「美人」「美人な生き方」を目指す西洋占星術師。元海外営業・駐在員。いつかトランク1つだけを持って世界じゅうを巡りながら星を読み、その土地土地の人に貢献するのが夢です。 プロフィール詳細

-ホロスコープについて

© 2021 美人になりたい星読みのブログ Powered by AFFINGER5