ハウスと天体

【10ハウス×10天体】天体が10ハウスに入った時の特徴

1月 22, 2021

こんにちは! 爽香(ソウカ)(@souka141064)です。

この記事では、10天体それぞれが10ハウスに入った時の特徴をお伝えします。

*注意*
ホロスコープは全体を見て鑑定するものであり、記事にあるキーワードだけを拾って判断することはお勧めしません(他の天体の配置やハウス、アスペクト、サイン等の影響を受けます)。イメージを掴むための参考としてお使いください。

10ハウスの特徴

10ハウスは「社会的地位「肩書き」「仕事」「社会との関わり」「到達点」等を表します。

対局する4ハウスが「自分の居場所や基礎」を表したのに対し、10ハウスでは「社会においての自分の立場や到達点」を表します。

9ハウスで未知のものに触れ、自分をグレードアップした後は、社会においての自分の地位を築く・確認することとなります。このハウスでは、社会との関わり方や成功の仕方、自分が到達点と感じる場所などを見ることができます。

10ハウスに個人天体

10ハウスに太陽

太陽のあるハウスは、その人の人生の目的となります。

太陽が10ハウスにある場合は、「社会の中で自分の立場・地位を築くこと」「社会と関わりながら能力を磨いていくこと」ことが人生のテーマとなります。

自らを社会に打ち出していく人です。社会と関わりの中で成長し、自分の仕事や居場所、肩書きを作っていくでしょう。多少のストレスや反発があっても、それを乗り越えることでより力を蓄え、生き生きと輝く傾向にあります。

仕事とプライベートの区別が付きにくく、「仕事をすること=生きること」になりがちですが、家庭や決まりきった人間関係の中に落ち着くことなく、どんどん外と関わりを持つことが人生の発展に繋がります。夫が社会的地位を持つ可能性もあり、その場合は夫を支える立場になるでしょう。

10ハウスに月

月はその人の感情やプライベートの状態を表します。

月が10ハウスにある場合は、「社会と接することで気持ちが落ち着く」「女性や家庭に関する仕事に縁がある」「転職が多い可能性がある」等を表します。

社会と関わることで、自分の心を満たす傾向にあります。世間にどう見られるか、社会の中でどんな立場にあるかが気になるかもしれません。自ら仕事で立場を得ることもあれば、社会的地位のある人の「妻」という立場に満足する可能性もあります。

月が「母」や「妻」、「心の満ち欠け」を表すことから、料理やインテリア、幼児教育関連の仕事やカウンセラー等に適性があります。月の満ち欠けが「社会性」に反映されると、転職の多さに現れるかもしれません。

10ハウスに水星

水星は知性や思考の癖、コミュニケーションを表します。

水星が10ハウスにある場合は、「コミュニケーション能力を社会生活で生かす」「知性を社会で養う」「知的能力を生かした仕事に適性がある」といった特徴が表れます。

優れた知性やコミュニケーション能力を、社会生活の中で生かすことができる人です。また、社会との関わりにおいて知識を養い、能力を伸ばしていける人です。ITや情報処理、分析等の知性が必要な仕事や、マスコミ、営業やサービス業など人と接する仕事に適性があります。

単純作業は向かない傾向にあり、人脈を広げたり、常に新しい知識・情報に接することができる環境が適しています。

10ハウスに金星

金星は自分が好きなもの(趣味思考)、魅力、愛情、社交性、金銭感覚などを司ります。

金星が10ハウスにある場合は、「人気運がある」「人前に出る仕事に適性」「仕事や社会活動に没頭する可能性があるといった特徴が表れます。

華やかな魅力と社交性で、周囲を惹きつける力のある人でしょう。センスを生かし、人前に出ることで輝ける仕事、例えばファッション関係や芸能、カルチャー講座の講師等に適性があります。反面、内に籠もりっきりの仕事や、ハードワーク、辛い仕事は嫌う傾向があります。

社会と関わりながら自分の地位や居場所を作ることに楽しみを感じるので、仕事や社会での活動や交流に没頭する可能性もあります。

10ハウスに火星

火星はエネルギーや情熱、行動力、本能、攻撃力などを司ります。

火星が10ハウスにある場合は、「野心家」「社会的立場・地位の確率に積極的」「独立心が旺盛」等の特徴が表れます。

持ち前の行動力や闘争心を生かし、社会の中で自分の地位や立場を築いて行く人です。ライバルの存在や、成果主義を採用する場で能力を発揮します。中には、自分の腕1本で食べていくことを選ぶ人がいるかもしれません。スポーツや政治関係、実力主義が認められる仕事に適性があります。

人並み以上の熱意があるので、周囲との協調を求められる場よりも、自分の采配で仕事ができる環境の方が向いています。

10ハウスに社会天体

10ハウスに木星

木星は幸運や拡大、発展、寛容を司ります。

木星が10ハウスにある場合は、「社会に引き立てられる運を持っている」「どんな仕事でもこなせる」「慈善的活動に適性がある」といった特徴が表れます。

周囲の恩恵やサポートに恵まれながら、社会の中で自分の能力を磨いて地位や立場を築ける人です。どんな仕事でも対応できる器用さがある一方、器用貧乏になる可能性もあるので、専門性を生かせる仕事を選ぶと良いでしょう。

周りから受けた恩恵を返していくことで、より自分の立場や仕事に生きがいを感じ、人生を大きく発展していくでしょう。

10ハウスに土星

土星は制限や課題、責任、忍耐、老成などを司ります。

土星が10ハウスにある場合は、「着実に社会的地位や立場を築いていく」「大器晩成」「成長に繋がる仕事を選ぶ傾向」といった特徴が表れます。

堅実な努力を積み重ね、社会での地位や立場を築いていく人でしょう。時間はかかりますが、その着実で地味な取り組みを周囲が評価していきます。

単純作業や誰にでもできるような仕事には魅力を感じず、多少困難が伴っても成長に繋がる仕事を選んでいく傾向にあります。社会や人のために役に立ちたいという使命感・責任感が強いため、周りには厳しい人に映るかもしれません。

10ハウスにトランスサタニアン

10ハウスに天王星

天王星は改革や独立、変化、独創性などを司ります。

天王星が10ハウスにある場合は、「社会に自分のアイデアを打ち出していく」「肩書きや地位を自由に築いていく」「自由な環境で能力を発揮する」等を表します。

自らの独創性やアイデアを社会に打ち出しながら、自分のポジションや肩書きを自由に築いていく人です。古い企業体制や規則に凝り固まった環境は向かず、自分の裁量で仕事ができ、また、臨機応変さが受け入れられる職場に適性があります。

興味の矛先がコロコロ変わるので、転職や環境の変化が多い可能性がありますが、それが成長と能力発揮に繋がるので、自分の思うままに社会と接していきましょう。

10ハウスに海王星

海王星は夢や理想、神秘、曖昧、潜在意識などを司ります。

海王星が10ハウスにある場合は、「直感力と感性を社会に打ち出していく」「夢や癒しを与える仕事に適性」「実務面に弱い等の特徴が表れます。

豊かな感性や直感力、アーティスティックな才能を世に打ち出すことに長けている人です。持ち前のセンスを生かし、映像や芸能関連、スピリチュアル、福祉や癒しの業界等、人の夢を与えたり心をリラックスをさせるような仕事に適性があります。

社会的な肩書きを作っていくには、地に足を着けることを意識するか、実務面をしっかり支えてくれる協力者がいるとうまくいくでしょう。

10ハウスに冥王星

冥王星は究極や極限、強制的変化、破壊と再生を司ります。

10ハウスに冥王星がある場合、「社会的に大きな影響を及ぼす可能性がある」「特定の分野で能力を発揮」「執念を持って地位の確立をする」等を示します。

妥協のない集中力や執念で仕事や社会的活動に取り組むがゆえ、大きな能力と実力を得て周囲を認めさせていく人です。特定の分野に集中することで、その能力が発揮されます。

周囲への影響が大きいゆえ反発を招いたり、築いた地位を突然奪われることもありそうですが、その波を成長に繋げていける人でしょう。独立したり、また、仕事をしない期間を作ったりすることもありそうです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お金のしくみ見るだけノート ゼロからはじめる! [ 伊藤亮太 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/1/22時点)

楽天で購入

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

爽(ソウ)

見た目だけなく、人生においての「美人」「美人な生き方」を目指す西洋占星術師。元海外営業・駐在員。いつかトランク1つだけを持って世界じゅうを巡りながら星を読み、その土地土地の人に貢献するのが夢です。 プロフィール詳細

-ハウスと天体

© 2021 美人になりたい星読みのブログ Powered by AFFINGER5