有名人のホロスコープ

【あずみからお母さんへ】上戸彩さんのホロスコープを読みました

12月 22, 2020

こんにちは! 爽香(ソウカ)(@souka141064)です。

M-1グランプリで、久しぶりに上戸彩さんを観ました。結婚してお子さんを産んでからも、ずっと変わらず綺麗ですよね。(なんと35歳!見えない...)

一体どんな星を持っているのでしょう。この記事では上戸彩さんのホロスコープを読みます。

上戸彩さんのホロスコープ

上戸彩さんは1985年9月14日生まれ。東京都練馬区出身。インターネットの情報では、出生時間は10時43分とのことです。

 

気になる天体&アスペクト①

堅実で真面目な人

アセンダントは蠍座。土星が近くにあり、物事に対し深く取り組むにあたって、堅実で真面目な姿勢を表す人と伺えます。それは太陽・月・水星・金星の個人4天体のサインが乙女座であることでも、細かな作業やコツコツと努力をすることを厭わない人物像が現れています。

MC付近に天体が集合

芸能界で輝いているのは、この辺りに理由がありそうです。

カルミネート天体は火星。負けず嫌いで行動力があります。映画で「あずみ」を演じた際、撮影中は身体中にあざを作りながら、また、殺陣で額を切りながらも果敢に挑んでいたというエピソードを聞いたことがあります。また、月と水星もMC付近にあり、人気運や知性にも恵まれます。

MCは乙女座。専門分野を極めて人の役に立つことが人生の普遍的テーマであり、達成点。上戸彩さんの場合は芸能界の道を邁進し、観ている人に元気を与え続けていかれるのではないでしょうか。

太陽・水星・月は10ハウスに

太陽が10ハウスにあります。人生の目的が「社会的地位を築くこと」。それに対し、土星が支えています。水星と月はコンジャンクションで、場を読むことに長けた性格と言えます。

それぞれ天王星とスクエア。仕事に邁進するにあたって、個性を出したり自由でいたい感情や考えが時々起こり得ます。天王星自体が1ハウスに入っていることもあり、元々自由なポジションが向いていると言えるでしょう。(もしかしたら、将来的に独立する可能性もあるのでは?)

太陽と同じく月も10ハウスに入っていることから、仕事をしていることで心が満たされたり、また、結婚後は妻や母としての家庭内の役割をそつなくこなせる人でしょう。見た目が変わらず綺麗なところは、自分自身の身なりや健康に気を遣う乙女座のサインが表れています。

気になる天体&アスペクト②

金星・9ハウス・獅子座のサイン

金星は9ハウスにあります。新しい分野や専門分野への探求、学ぶことが好きであり、それが自己表現や創造といった形で現れます。

金星は天王星とトライン。好きなことをするにあたって、自由や独創性が後押しします。が、土星がスクエアの関係にあり、時々ストップがかかる可能性が。そのによって、自由奔放過ぎたり度を超えることがなくなることもあります。

結婚にあたっては、ディセンダントが牡牛座なので、がっしりした体型の人に惹かれたのかもしれません ^^

火星・海王星・冥王星の小三角

火星と海王星はトライン。情熱を傾けるにあたって、夢や理想が後押しします。その情熱を燃やすにあたっては冥王星の支えにより、スムーズなものとなります。

火星は9ハウス、サインは乙女座です。新しい分野や専門分野に向かってエネルギーを傾け、着実に努力を重ねていくタイプです。芸能界では女優だけでなくCM業や司会業にも挑戦していますが、今後はママタレや、また、旦那様の影響で海外での活躍など、新しい分野で活躍していく可能性も感じられます。

木星・3ハウス・水瓶座

木星は3ハウスにあります。頭の回転の早い人で、幅広いジャンルに対応できる器用さがあります。また、一流芸能人というよりは近くにいるような、親しみやすい雰囲気を醸し出しています。

サインは水瓶座。コミュニケーションや知性を使うにあたって自由な感性や個性が出て、さらに冥王星スクエアでそれが外に強く押し出されるイメージです。芸能界という世界で活躍するにあたって、相応しい星の配置と言えます。

土星・12ハウス・蠍座

土星は12ハウスに。人知れず、不安を抱えやすい部分があるかもしれません。

幼い頃に両親が離婚しお母様側に引き取られ、学生時代は好きなものも買えず、デビュー後のギャラも家計に回していたというエピソードを聞きました。自由でいたい部分もありながらも、根底には大好きな家族とずっと一緒にいたい、不自由のない暮らしをしたい、という想いもお持ちなのではないでしょうか。

まとめ|堅実さと自由さを兼ね備え、新しいジャンルへの活躍を期待

11歳でオーディションに合格。芸能界入りしてからずっと輝きを失わず、芸能界の第一線で活躍してこられた上戸彩さん。

成長する段階や、結婚・出産のタイミングで表舞台に出る頻度が減ったり、出演するジャンルが変わったりする人が多い中で、変わらず女優、CMタレント、司会業と活躍されているのは、地道な努力と、刻々と変わっていく時代に追従できる知性があるからでしょう。

更に新しいジャンルでの活躍と、明るく楽しい家庭との両立で、ますます輝くことを期待しています ^^

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

爽(ソウ)

見た目だけなく、人生においての「美人」「美人な生き方」を目指す西洋占星術師。元海外営業・駐在員。いつかトランク1つだけを持って世界じゅうを巡りながら星を読み、その土地土地の人に貢献するのが夢です。 プロフィール詳細

-有名人のホロスコープ

© 2021 美人になりたい星読みのブログ Powered by AFFINGER5